0

お買い物カゴ

Wheel dilemma ホイールに関するジレンマ

2019年1月25日6月 21st, 2022Latest News

車のホイールをきれいに保つことの重要性を見落としがちです。もちろん、合金を劣化させたくないのであれば、洗車には欠かせない作業です。

正しくメンテナンスされていないと、ホイールは腐食しやすくなり、最終的には修理が必要になります。

ホイールの素材にダメージを与えたり、水分に触れさせたりする化学物質があります。主な原因は酸で、酸を含むクリーナーは使わないようにしましょう。路面の塩分も悪影響を与えますので、定期的に洗浄する必要があります。ホイールの摩耗につながるもうひとつの要因は、ブレーキダストの蓄積です。定期的に除去しないと、ブレーキダストが表面に付着し、その周りに汚れや水分が溜まっていきます。これが激しいピッティングの原因となり、ホイールを腐食させます。

では、どうすればホイールを正しくメンテナンスできるのでしょうか?

1. リムやホイールアーチが非常に汚れていたり、ブレーキダストが付着していたりする場合は、W6アイアン&ジェネラル・フォールアウト・リムーバーをホイールに吹き付けます。また、W5シトラス万能クリーナーをホイールアーチに適量塗布してください。リムがあまり汚れていない場合は、ステップ3に進んでください。

2. W5とW6を3~5分間放置します。この間に鉄の粒子がW6溶液に溶け込み、鮮やかな紫色になります。

3. ホイールとホイールアーチをシャワーまたは高圧洗浄機で洗い、W5とW6の残留物を取り除きます。リムやホイールアーチに汚れやブレーキダストが残っている場合は、W5とW6を塗り直し、適切なブラシで汚れを掻き出します。具体的には、ホイールナットには柔らかいディテールブラシ、リムには柔らかいホイールブラシ、ホイールアーチには柄の長いホイールアーチブラシを使います。そして、シャワーや高圧洗浄機で洗い流します。

4. 1つのバケツにGWash solutionを入れ、もう1つのバケツには水を入れます。汚れを掬わないように底にグリットガードをはめて下さい。WM2マイクロファイバーウォッシュミットをシャンプー液の中に沈め、ホイールとアーチを洗います。ウォッシュミットをきれいな水の入ったバケツですすぎ、汚れを落としてから、再びシャンプー液の入ったバケツに浸し、次のホイールとアーチを洗います。

最良の結果を得るために、C5ホイールアーマーでホイールを保護すると、メンテナンスがより簡単になります。コーティングの効果は2年ほど持続し、表面の汚れをはじく滑らかな仕上がりとなります。

Often people overlook the importance of keeping their car wheels clean. Obviously it is an integral part of any car washing process, that is, if you do not want your alloys to degrade.

If they are not maintained correctly, wheels are more likely to corrode and will eventually need to be repaired.

There are certain chemicals that can cause damage to the material of the wheels and expose them to moisture. The main culprit of this is acid – steer clear of cleaners that contain acid. Road salts are also particularly bad, thus regular washing will get rid of this. Another factor that could lead to your wheels wearing, is a build-up of brake dust. If it is not timely removed, it will bond with the surface, and dirt and moisture will accumulate around it – this will lead to severe pitting and in turn corrode the wheels.

So how can you maintain your wheels correctly?

1. If your rims and wheel arches are very dirty, and or, caked with brake dust, spray W6 Iron and General Fallout Remover onto the wheels. And, a neat solution of W5 Citrus All Purpose Cleaner into your wheel arches. If your rims are not very dirty, skip to bullet point 3

2. Leave the W5 and W6 to dwell for 3-5 minutes. During this time any ferrous particles will dissolve into the W6 solution turning it bright purple

3. Hose or jet wash your wheels and wheel arch to remove as much loose dirt, and if you have completed point 1 and 2, the W5 and W6 residues. If your rims and arches are still coated with dirt and, or, brake dust, reapply the W5 and W6 and agitate the dirty areas with the appropriate brushes. Namely a soft detail brush for the wheel nuts, a soft wheel brush for rims and a long handled wheel arch brush for your wheel arches. And then rinse with a hose or jet wash

4. Fill one bucket of water with GWash solution, and another with fresh water- use grit guards in the bottom, if you have them, to prevent larger dirt particles mixing in the water. Dunk the WM2 Microfibre Wash Mitt into the suds, wash a wheel and arch at a time. Rinse the wash mitt in the clean water bucket to release the dirt before dipping it into the soapy bucket again, and starting the next wheel and arch

For the best result, protect your wheels with C5 Wheel Armour to make them much easier to maintain. The coating will last for up to 2 years, and the slick finish repels surface contaminants.