0

お買い物カゴ

Focus on engine bays エンジンベイに焦点を当てる

2019年1月25日6月 21st, 2022Latest News

ディテールの中で見落とされがちなのが、エンジンベイです。難しいと思われるかもしれませんが、当社の認定ディテイラーによれば、そんなことはありません。

最新のエンジンでは、エンジンルームの清掃は非常に簡単です。

安全面での注意点

– 古い車やクラシックカーには特に注意してください。

– カバーされていないように見える電装品がある場合は、高圧の水流を当てないようにする必要があります。露出している接続部分をビニール袋で丁寧に保護します。

– エアフィルターをビニール袋で覆い、ベルトやファンが露出している場合も同様にしてください。

エンジンベイのクリーニングには、W5 Citrus All Purpose CleanerまたはW2 Multi Purpose Cleanerを使用します。車全体の清掃時にエンジンルームを清掃する場合は、ホイールやアーチを清掃した後、塗装を洗う前に清掃します。

ステップ1:エンジンルームが熱くなっていないことを確認してから作業を開始します。

ステップ2:シャワーまたは高圧洗浄機を使って、ゴミやホコリを洗い流します。

ステップ3:W5シトラスオールパーパスクリーナー(汚れ具合に応じてそのまま、または4:1)、またはW2ユニバーサルクリーナー(汚れ具合に応じて10:1)をエンジンルーム全体に軽く吹きかけます。汚れを分解するために、最低でも1~2分は放置します。

ステップ4:毛先の柔らかいブラシ、MF1マイクロファイバークロス、またはWM2マイクロファイバーウォッシュミットを使って、目に見える汚れを撹拌します。

ステップ5:電装品に被せたビニール袋をすべて取り外します。エンジンを数分間かけて、その後エンジンを切ります。これで製品が燃え尽きます。

ステップ6: 水を上から下に向かってかけ、汚れや異物を洗い流します。

ステップ7: W5またはW2で残りの部分をスポット的に処理し、エンジンベイを水で再度洗い流します。

ステップ8:MF4ダイヤモンドサンドウィッチドライングタオルでエンジンルームを上から下に乾かします。必要であれば、事前にエアブローを使って、手の届かない箇所の水を吹き飛ばします。

エンジンルームの保護とドレスアップのために、さまざまな製品が用意されています。ビニールやプラスチック、ゴムなどのパーツには、T1 Tyre and Trim、T2 Tyre Dressing、または究極の耐久性を求めるならC4 Permanent Trim Restorerをお使いください。また、メタルパーツのお手入れには、M1オールメタルポリッシュがお勧めです。また、ボンネットの下や縁の部分など、エンジンルームの塗装部分にもクイックディテーラーを使用するとよいでしょう。

以上の手順で、エンジンルームのクリーニングが簡単にできるようになります。

Often in detailing a place that sometimes gets overlooked is the engine. It can seem overwhelming – but according to our Accredited Detailers, it really should not be.

With modern engines – it could not be easier to clean your engine bay.

Some safety considerations:

– Be extra cautious with older or classic cars

– If there are any electrical components that do not appear to be covered – resist hitting them with a high pressure water flow. Carefully wrap any exposed connections in a plastic bag

– Cover air filters with a plastic bag for extra precaution – do the same with any belts or fans that may be exposed

For engine degreasing you can use W5 Citrus All Purpose Cleaner or W2 Multi Purpose Cleaner – it is your call. If you are cleaning the bay when cleaning your whole car, clean it after you do your wheels and arches, but before you wash the paintwork.

Step 1: Make sure the engine bay is not at all hot when starting the process

Step 2: Rinse any loose debris and dust with either a hose pipe, or pressure washer at distance

Step 3: Lightly mist W5 Citrus All Purpose Cleaner (neat or 4:1 – depending on how dirty), or W2 Universal Cleaner Concentrate (10:1 – depending on soiling), across the entire engine bay including the flipped up hood. Leave the degreaser of your choice to dwell for at least 1 – 2 minutes

Step 4: Agitate visible build ups with a soft bristled brush, MF1 Microfibre Buff Cloth, or WM2 Microfibre Wash Mitt

Step 5: Remove any bags you have put on the car. Start the engine for a few minutes, and then turn it off – this will burn-off some of the product

Step 6: Apply a fine mist of water starting top down to rinse away the dirt and contaminants

Step 7: Spot treat any remaining areas with the W5 or W2 and re-rinse the engine bay down with a fine mist of water

Step 8: Dry the engine bay top down with an MF4 Diamond Sandwich Drying Towel – your engine bay should be looking much better already. If needed, use compressed air beforehand to help remove any small pools of water that may be hard to access

There are a number of products that can be used to protect and dress your engine bay. You can dress any of the vinyl, plastic, or rubber with T1 Tyre and Trim, T2 Tyre Dressing, or for the ultimate, durable protection, go with C4 Permanent Trim Restorer. If there are any metal parts that need sprucing up then M1 All Metal Polish is a winner – it will bring them back to an incredible shine. You may also want to use a bit of Quick Detailer on the painted areas of the engine bay including under the bonnet and around the edges.

With these steps engine bay cleaning is a breeze.