Skip to main content
0

お買い物カゴ

プロテクションフィルム・ラッピング車専用 コーティングHALO

2022年12月23日12月 27th, 2022Advice & Tips

セラミックコーティングに特化したGTECHNIQ(ジーテクニック)がペイントプロテクションフィルム(PPF)とラッピング施工車両専用に開発した世界最先端コーティングが「HALO」です。

市場に出回っているプロテクションフィルム用のコーティングは、塗装用と兼用で使用される製品が多い中、GTECHNIQのHALOはフィルム施工車両専用に開発されたコーティング剤です。

従来のボディ用コーティング製品とは全く異なる技術に基づき、2年間の研究開発で37種類の試作品を制作し、世界中のあらゆる環境下を耐え抜くよう徹底的に検証が行われ開発された革新的なセラミックコーティングです。グロス、マット、サテンなどあらゆるタイプのプロテクションフィルムとラッピングに適合することが実証されています。

最先端ナノセラミック技術により
PPFをより美しく、逞しく、滑らかに。
革新的フィルムコーティングHALO誕生

Gtechniqが世界中のフィルムメーカーとの互換性を追求して新たに開発したセラミックコーティングがHALOです。
一般的なフィルム用コーティングは高硬度の製品が多い中、HALOはフィルムの性能を最大限に引き出すために柔軟かつ超高密度のコーティング被膜を形成することで、フィルムの自己修復機能を妨げることなく超撥水と優れた防汚性を実現しました。その性能は熾烈を極める世界市場にて絶大な支持を集めています。

水玉が滑落する超撥水

従来品を凌駕するケミカル耐性

フィルムの黄変を防ぐUV耐性

まるで塗装のような滑らかな手触り

汚れの固着を防ぎ日々のメンテナンスを容易に

最新の自己修復フィルムにも対応

強撥水性

HALOは、どのようなタイプのフィルムでも親水性から撥水性へと変化させる力があります。
最新のフィルムの中には、撥水タイプの製品も存在しますが、耐久性に欠けすぐに効果が衰えてしまうことからHALOを施工するメリットは大きいと言えます。
様々なフィルムでのテストの結果、HALOは最大接触角110°の極めて優れた撥水性能を付与することが実証されています。

耐久性・ケミカル耐性

摩耗試験機での接触洗浄(コンタクトウォッシュ)ならびに通常の洗車では使用しないような非常に強いアルカリ性薬品(pH12)を使用した擬似的な洗車シミュレーションを通常の倍の10,000サイクルまで実施し、洗車で発生する摩耗と強いケミカル薬品に対する耐性が検証されました。
洗浄薬品に対する強い耐性があるため、コーティング被膜を極力痛めることなく、通常の洗車では落とすことのできないようなウォータースポットや頑固な油分汚れも除去することができます。

UV耐性

HALOには紫外線防止剤が配合されており、フィルムが黄変や脆化することを防ぎます。
HALOのUV耐性は、QUV促進耐候試験機(特殊な紫外線の波長を利用して、擬似的に自然の太陽光を発生させる装置)を用いて徹底的に検証され、UVテストの中で最も厳しい規格であるISO4892-2を取得しました。
これにより、高価なプロテクションフィルムやラッピングを長期にわたり美しい状態で維持することができます。

スリック性

一般的に、フィルムは非常にグリップしやすい質感であることがデメリットとして挙げられます。
HALOを施工することにより、PPFやラッピングフィルムと化学結合することで表面エネルギーを完全に変化させ、まるで塗装のような非常に滑らかな手触りになります。滑りがよくなることで、汚れの付着や洗車傷の軽減にも繋がります。

メンテナンスの容易さ

フィルムは人間の皮膚と似て、多孔質であることが多く、塗装に比べ汚れが蓄積しやすい性質があります。
HALOを施工することで汚れの蓄積や固着を防ぎ、日々のメンテナンスをより一層容易にする優れた防汚性能を有しています。
その防汚性能は世界50カ国以上に展開するGtechniqのネットワークを活かし、あらゆる環境下において適応することが実証されました。

自己修復フィルムに対応

市場に出回っているフィルム用コーティングは、実際には塗装用と兼用であることが一般的です。
通常のボディコーティングは硬度を追求することより、洗車傷に対する耐性を備えていますが、それでは最新のフィルムの性能を最大限に引き出すことはできません。HALOは従来のコーティングの真逆のアプローチで、非常に柔軟かつ超高密度なコーティング被膜を形成します。
これにより最新のPPFが持つ自己修復機能を妨げることがありません。

コーティング施工イメージ

HALO開発プロセス

ジーテクニック正規施工店が施工致します

どんなに優れたセラミックコーティングでも一台一台異なる塗装状態に対して、適切な下地処理を行わなければコーティングの効果を最大限引き出すことはできません。また、コーティングは施工後のメンテナンスが非常に重要になります。
アフターサポートも責任を持ってご対応致しますので、プロテクションフィルム、ラッピング施工車両のコーティング施工は最寄りの認定施工店までお問い合わせ下さい。